東京港区田町・三田・品川、大阪梅田の会員制岩盤ホットヨガ&ピラティススタジオ ワヤンリゾートヨガ

スタッフブログ

STAFF BLOG

冷え対策!ホットヨガが効果的!!

2017/11/29カテゴリ: , , ,

ダウンロード

 

11月も後半になり、寒さが増してきた今日この頃。

最近は、「冷えを改善したい。」と岩盤ヨガを始める方も増えてきました。

そこで今回は、女性の身体のお悩みTOP3に入る「冷え性」についてのお話です。

「岩盤ヨガをして温まった時はいいけど、終わったらまた冷えてしまい、効果がないのではないか?」と思う方もいらっしゃるかと思います。

実は、岩盤ヨガは体の内側から冷え性の根本改善をしてくれる効果があります。

体が冷えてしまう原因は2つ。

1.筋力の低下・不足

2・血行不良

筋肉は熱を運ぶポンプの役割をしてくれます。筋肉不足・低下により、ポンプの役割が弱くなり、熱を体に届けることができなくなります。

もう1つ大事なことは血液の巡りです。人間の身体は血液によって熱を体に運び、体を温めています。そのため、血液の巡りが悪くなると、熱が届かず冷えの原因になります。

冷え対策に重要なこと!!

1.筋肉量を上げる

2.筋肉を柔らかくする

3.血行促進

この3つのポイントに効果的な運動が、岩盤ヨガ・ピラティスです。

岩盤ヨガ・ピラティスを通して、普段の生活では使わない筋肉を動かし、リラックスのポーズで筋肉を和らげ、体の内側(内臓や筋肉)を温めて血行促進することができます。

ご自宅ではなかなかできない、冷え対策を岩盤ヨガ・ピラティスを通して冷えしらずのお身体を目指しましょう!!

 

ヨガの効果的な秘密!それは呼吸法!!

2017/09/29カテゴリ: , ,

ヨガブログ 呼吸①

 

「ヨガに通っているけど、効果がでない。」「思っていたより痩せない。」とヨガをしている友人や、お客様からそんな声を聞くことがります。

実は、通っていてそうそう思っている方、感じている方もいらっしゃると思います。

実は、ヨガに通って効果が出でいる方、出ていない方にはある違いがあります。

それは、きちんと「呼吸法」が出来ているか?です。

効果を出すためには、呼吸がとても大切です。

普段、何気なくしている呼吸法ですが、呼吸の仕方によって身体機能を向上させてくれる機能があると言われています。

深い呼吸をすることで、エネルギーをしっかりと体内に送り届けてくれる効果があります。

ヨガでは、いろいろな呼吸法がありますが、最も代表的な呼吸法は「腹式呼吸」です。

腹式呼吸は誰でも簡単にできます!!

普段の生活では、肺を使うので胸が膨らみますが、腹式呼吸では胸ではなく、お腹で呼吸をします。

①おへそに意識を集中させて、鼻からゆっくりと息を吸い込みます。この時に、お腹に空気を入れてめいっぱい膨らませます。

②次に、お腹にたまった空気をゆーっくりと鼻から吐きだします。お腹は背中に近づき、薄いお腹をつくりましょう。

これでOK♪

呼吸を少し意識するだけで、身体の内側からポカポカ温まってきて、

慣れてない方はそれでけで疲労を感じます。

ワヤンリゾートヨガでは、ヨガのポーズだけではなく、効果をしっかりと感じて頂き、お客様1人1人の目的・目標達成のために、大切な呼吸法から丁寧にお伝えしています。

今まで呼吸が意識できていなかった方は、「腹式呼吸」を意識しながらヨガをしてみてください。

より深い、ヨガでの効果をご実感頂けるかと思います(^_-)-☆

食欲の秋はホットヨガ・ピラティスで乗り切ろう♪

2017/09/26カテゴリ: , ,

ヨガブログ用 秋

秋分の日も過ぎ、外の気温も少しづつ涼しくなってきて、秋を感じるようになりましたね。

秋といえば食欲の秋♪

これからの時期、季節的においしい食材が並ぶようになり、ついつい食べ過ぎてしまって、ダイエットしなくてはいけない!!と思う人も多いと思います。

そんなこれからの季節に、岩盤ヨガ・ピラティスで食欲の秋太りを解消しませんか?

岩盤は、天然石から発生するマイナスイオンと遠赤外線の温熱効果で足の先から全身ポカポカに温まります。

短時間で新陳代謝が良くなり、同時にヨガやピラティスをすることで大量の汗をかき、血液が身体の隅々まで酸素を届け、酸欠状態を防ぐことで、しなやかな筋肉をつくり、身体の老廃物や疲労物質も取り除いてくれます。

身体が温まり、柔軟性が増しているので、インナーマッスルも鍛えられ、太りにくく、痩せやすい身体づくりができます。

その為、岩盤ホットヨガ・ピラティスでは、ダイエット効果が期待できます。

岩盤で内臓や筋肉が温められると、皮脂腺と汗腺から体内に蓄積した老廃物や不要な水分をデトックスしてくれて、皮脂腺からは溶けた脂肪も一緒に排出してくれる働きもあり、ダイエット効果がぐんと高まります。

また、体内に蓄積した老廃物や不要な水分をデトックスしてくれるので、アンチエイジング効果もありますよ。

それでけではなく、体内が温められて、免疫力UPに繋がるので、風邪をひかない健康的なお身体づくりにもぴったりです!!

外の気温を下がり、ホットヨガを始めるには心地の良い季節になりました。

食欲の秋を楽しみながら、同時に今年の秋・冬はお身体のメンテナンス、改善、向上に向けて岩盤ヨガ・ピラティスをライフワークに取り入れてみてはいかがですか?

ヨガブログ用 秋②

 

簡単なヨガのポーズで腰痛改善♪

2017/08/08カテゴリ:

こんにちは♬

 

ワヤンリゾートヨガの寺田です!

 

今回は腰痛の原因と腰痛に効くヨガのポーズをお伝えします(*’▽’)

 

 

腰痛の原因は様々あります。

ヘルニア等病気からくる腰痛もありますが、デスクワーク等の座りっぱなし

あるいは立ち仕事といった負担がかかりやすい同じ体勢をとっているため

血行不良から筋肉が固まってしまうことも原因です。

また、過度な運動をすることにより筋肉疲労をおこし腰痛になる場合もあります。

 

腰痛の予防と改善には腰回りの筋肉を緩め、緊張をほぐしてあげることが

とても大切です(*^-^*)

 

今回は腰痛予防、改善に効き誰でも簡単にできるポーズをご紹介します!

 

【チャイルドポーズ】

腰回りと背中全体、肩、腕の深いリラクゼーションが得られます。

ポイントは力まずにリラックスして行う事です。

iqwuyefbgyhbcxhbasdbjhascbbvv

【座ったねじりのポーズ】

背中全体と腰回りが柔軟になり内臓器官の活性化に繋がります。

jfieuhrkdspoijuhfksdmjnhiusef

【橋のポーズ】

首、肩、腰の歪みを解消し、自律神経を整えていきます。

ポイントは足は腰幅まで広げ、腕全体をマットにつける事です。

呼吸も忘れずに意識してくださいね☆

jdhuyewfchdfshnduhfihajkncdsf

いかがですか?どのポーズも無理しすぎないように心地よく

呼吸を続けられる範囲で行ってくださいね。

 

腰痛にならないように事前にしっかりと予防していきましょう(‘◇’)ゞ

 

スタジオでお待ちしております♡

 

 

~ワヤンリゾートヨガInstagramを始めました!~

 

スタッフやインストラクター、お役立ち情報などを随時更新して参ります♪

 

ぜひ「いいね」とフォローよろしくお願い致します<m(__)m>

 

夏バテ防止、生活習慣を見直そう!

2017/07/26カテゴリ:

IMG_3956

こんにちは♪

ワヤンリゾートヨガの寺田です!

 

関東地方梅雨明けしましたね。

毎日暑くて体力の消耗が激しい時期。

 

暑いと喉が渇き水分ばかり摂り、食事を抜いてしまったりしていませんか?

 

今回は夏バテ対策についてお伝えします(*^_^*)

 

◆夏バテの原因

 

夏バテの主な原因は3つあります。

 

①自律神経の不調

暑い夏場は体温が上がりますが、一日に何度も冷房のきいた場所を

行き来しますよね??繰り返すと体温調節をする自律神経自体が

疲れてしまい働かなくなってしまいます。

 

②水分不足・ミネラル不足

暑いと身体は中の熱を逃すため汗をかいて体温を下げようとします。

水分が足りていないとうまく汗をかくことができなくなります。

また、汗と一緒に流れ出すミネラルの不足も夏バテに繋がります。

 

③胃腸の働きの悪化

体温が上がると胃腸への血流が少なくなりますが、そこに冷えたビール、ジュースを飲むと胃腸の働きが低下してしまいます。

食欲不振や、体力の低下、疲労の蓄積を招いて夏バテの原因となってしまいます。

 

つまり、身体が暑さに対応できなくなり夏バテとなるのです。

 

体温を一定に保とうとすることに多くのエネルギーを消費し、かなりの負担となります。

負担が強くなりすぎたり、毎日のように負担を強いられると、身体が暑さに対応できなくなってきて、熱を外に出すことが出来なくなります。

 

そうなってしまうと、上記3つの身体の不調を引き起こし

夏バテの症状がでてくるのです。

 

 

では、夏バテに効果的な食べ物、注意しなければならないことは

どのようなことなのでしょうか。

 

①冷房等の使い過ぎ、温度に気をつける

冷房の効いた室内と暑い屋外の温度差に体が対応しきれずに

体温調節機能が混乱してしまいます。

冷房の温度を高く設定すること、長時間の使用を控えることや

扇風機を使用することで体温が下がりすぎないように注意しましょう!

 

②しっかり栄養を摂る

IMG_4208

食欲が無いからと水分ばかりを摂り食事をおろそかにしたり

アイス等甘いものをつい食べ過ぎてしまったりすると

栄養が偏り、糖質傾向になります。

 

こうなると、タンパク質やビタミン、ミネラル等が不足し

栄養状態に支障をきたしてしまいます。

暑い夏は基礎代謝が高まるのでタンパク質を多く消耗します。

また、エネルギーの代謝に欠かせないビタミンB1

疲労回復を促すクエン酸

等を摂る事が大切です(*^_^*)

 

ビタミンB1

豚肉、うなぎ、大豆 等

 

ビタミンA

レバー、うなぎ、かぼちゃ、にら 等

 

ビタミンC

キウイフルーツ、ジャガイモ、赤、黄ピーマン 等

 

タンパク質

肉、魚、卵、乳製品、豆製品 等

 

クエン酸

レモン、梅、酢 等

 

胃腸が痛い時等は無理に食べるのは逆効果となってしまいますが、

バランスよく3食しっかり摂ることを意識しましょう♪

 

 

いかがでしたか?

 

水分補給はもちろんですが、水分だけで終わらせずに、栄養と休養をしっかり取り

心も体もリフレッシュしましょうね☆

 

 

~ワヤンリゾートヨガInstagramを始めました!~

 

スタッフやインストラクター、お役立ち情報などを随時更新して参ります♪

 

ぜひ「いいね」とフォローよろしくお願い致します<m(__)m>

体調不良は〇○のせい!?

2017/07/11カテゴリ: , ,

みなさん

 

こんにちは(*^_^*)

 

ワヤンリゾートヨガの寺田です。

 

7月に入ってジメジメと暑い日が続いております。

 IMG_2481

「最近元気がでない…」

「頭が重い、痛い…」

「寝たはずなのに、まだ眠い…」

 

このように感じる方、いらっしゃいませんか??

 

実は、湿度が大きく関係しているのです!!

 

 

天気と体調は深い関係があります。

 

気圧・気温・湿度により私たちの身体は

 

知らない間に影響を受けているのです。

 

起床の変化が影響で体に症状がでることを

 

「気象病」と言います。

 

中医学では、湿気の多い時に起こるこのような症状を

 

「湿邪」によるものだと考えられています。

 

 

では、湿邪とはなんでしょうか。

 

雨等で大気に水気が増えた状態を湿(しつ)と呼びます。

 

この湿邪は身体の中に溜まった「余分な水分」が

 

うまく排出されないことで引き起こる様々なトラブルのことです。

 

大気中の湿気が高い時は、晴れている日に比べ動きが緩慢になり

 

エネルギーも消耗しやすくなる、と言われています。

 

湿気により汗腺が被われることで汗が出にくくなり

 

体内に水分が溜まっていきます。

 

スポンジが水を吸うと重くなるように

 

身体も重くなり、重くなることで関節が痛くなる事もあります。

 

また、胃腸などの消化器系も湿気の影響を受けやすい

 

と言われております。

 

お酒や甘いもの、刺身、脂っこいものを食べすぎたり、

 

トイレに行く回数が少ない方、浮腫みやすい方も

 

湿気の影響を受けやすいです。

 

 

湿邪による体調不良を改善するためには、

 

気象や環境の変化に負けない身体つくりが大切になってきます。

 

◆生活面での対策

・朝起きたらカーテンを開ける

・身体を冷やさないようにする

・睡眠をしっかりとる

・ストレッチやマッサージ、軽い運動をする

・身体を温める

 

◆食事面での対策

・冷たい飲み物や食べ物を控える

・甘い飲み物や食べ物を控える

・生ものを控える

・脂っこいものを食べすぎないようにする

 

……等

 

自分が改善できることを取り入れて、

 

ジメジメした毎日も元気に過ごしましょう♪

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、前述しました通り、

 

湿邪には軽い運動、ストレッチも効果があります。

 

雨が降っている日、暑い日は部屋を涼しくして引きこもりがちですが、

 

そんな日こそ、ワヤンリゾートヨガで気持ちよく身体を動かし

 

ストレス発散、疲労回復に繋げて頂けたら幸いです。

 

皆様のご来店心よりお待ちしております♪

 

 

Instagram始めました♪~

 

ワヤンリゾートヨガもInstagramを始めました(*^_^*)

スタッフやインストラクター、お役立ち情報等を更新していく予定ですので、

ぜひ「いいね」とフォローよろしくお願い致します<m(__)m>

6月23日(金)ワークショップを開催しました!

2017/07/01カテゴリ: , , ,

こんにちは!

 

ワヤンリゾートヨガの寺田です(*‘ω‘ *)

 

今回は、6月23日(金)にチーフインストラクターMaiによる

ワークショップを開催しました。

テーマは大好評「インナーマッスルPart3」です。

「美しく、痩せたい!!」

と、お客様から毎度たくさんのお声を頂いております。

今回は私とチーフインストラクターMaiでお送りいたします。

まず、私からワークショップの模様についてお伝えいたします!

 

今回のワークショップでもピラティスとヨガの良いところを取り入れ

丁寧にポーズをとっていきました。

まずはご自身の姿勢がどのようになっているかを知るために

耳、首、肩、骨盤、太もも、ひざ、くるぶしに

カラーシールを貼り、各々の姿勢を把握していきました。

姿勢が悪いと腰痛を引き起こしたり、

骨盤が歪むことで、内臓の本来ある位置より

下に下がり各機能が低下し、ダイエットに悪影響を及ぼしてしまいます。

正しい姿勢を意識し体を動かしました。

 

今回のワークショップでは主に下半身を動かしていきました。

足を曲げて寝そべるような体勢をとり、

上に向いている足を上げて、降ろす動作や

おなかのインナーマッスルを動かすために、

仰向けになった状態から足を90度上げる

動作を行いました。

参加された方は

「地味な動きなのに、続けるのが大変ですね」

「歩くときに足は使うけれど、他の筋肉は日常生活で

いかに使ってないかを実感しました」

と、驚かれていました。

IMG_0904

私自身も、いかに私生活で体を動かしていないかを実感しました。

また、普段あまり動かさないところを

 

動かした後、身体が温まり

柔らかくなった感じもしました。

2時間たっぷり動き、今回も大盛況のうちに

無事終わりました。

 

日々の生活の中で、正しい姿勢、歩き方を意識することにより

いくつになっても周りから憧れられるような健康で美しい身体で

いられるんだなと、痛感いたしました。

姿勢が悪くて悩んでいる方、ダイエットで

お悩みの方にヨガとピラティスは

ぜひおすすめしたいです!

20170623WS集合写真

次にチーフインストラクターインストラクターMaiから

インナーマッスルがどうして必要か、どうしたらダイエットが成功するかを

お伝えいたします。

 

かわりまして、チーフインストラクターのMaiです。

皆様、いつもスタジオをご利用いただきありがとうございます。

 

皆様、こんな症状がありますか?

 

  • 下腹が出て、プヨプヨしてきた
  • ヒップが垂れてきた
  • 二の腕がブルブル
  • 階段を上がるとひざが痛い
  • ウエストラインに自信がなくなった
  • よくつまずく
  • 肩が上がらない
  • 姿勢がよくない
  • ここ最近で5kg太った
  • 食べるとすぐ太るようになった

 

これらはすべて、インナーマッスルの衰えが原因です!

ただでさえ、現代社会では肉体労働が減りました。

洗濯も洗濯機ひとつで乾燥までしてくれますし、掃除機も自分で勝手に動いてくれます。また、クルマ社会になり、歩く量も少なくなりました。

ですが、日本人の摂取エネルギー量は昔とあまり変わっていないどころか増えています。 現代の日本人が肥満に悩んでいるのは、日常生活での消費エネルギーが減ったからであると思われます。

メタボや肥満を防ぐには、基礎代謝を上げることが必要になってきます。

基礎代謝とは、眠っている間でも体温を保ち、呼吸をし、さまざまな臓器を動かし続ける力です。これらの生きていくために必要な最低限の力を、基礎代謝と言います。

 

生活の中で、痩せる。また、鍛えるとはかなり難しいという事なのです。

 

そこで、近年流行っているのが、体幹にあるインナーマッスル。

女性の場合、とくに、お腹まわりを中心として上部の横隔膜と下部の骨盤底筋、正面側の腹横筋と背中側の多裂筋で囲まれた部分。インナーユニット、コアと呼ばれるところのエクササイズ。

ピラティスになります。

ピラティスでは、これらの部分をパワーハウスと呼んでいます。

内側にある内臓を保護するとともに、内臓のぜんどう運動を助ける働きがインナーユニットの役割です。さらに、それぞれの筋肉が連動して働くことで、日常の動作やスポーツの動きの源にもなっています。

インナーユニットを鍛えると体の軸が安定。日常動作やスポーツの動きが機敏になります。一般人でもアスリートでも、体幹のインナーマッスルを強化することはとても重要なことなのです。

 

体幹を鍛え、良い姿勢、良い身体の癖を作る、ということです。

 

そう言った理由から、私達、ワヤンリゾートヨガでは、

ピラティスのクラスを増やした最近であります。

ピラティスもヨガも、どちらも美しい身体を維持していくにはとても大切なのです。

 

 

ワヤンリゾートヨガでは

お客様の美と健康を追求しております。

今受けられているレッスンで

なかなか効果を感じられない方は

受けた事のないレッスンを受けて

普段あまり動かさないところを動かしてみては

いかがでしょうか。

 

ただ、ピラティス、ヨガを毎日行えば身体が維持出来るかというと

そういうだけではないと思います。

自分の身体をいかに知るという事です。

私達は、自身をコントロールさせなくてはなりません。

元気があるときは、少しエクササイズに励む。

また、疲れた時は休んでみる。

時には、マッサージ等を利用し より休息を高める。

又は、治療する。

 

例えば、毎日献立を考えますよね。

同じ物ばかり食べていては、飽きます。

それと、同じなのです。

身体にも、食事のように身体の献立を考える。

そして、いかに自身をコントロール出来るかどうかが

ダイエットの成功と健康に繋がります。

 

当スタジオの運営会社は

ヘッドスパ専門店やブライダルエステサロンを

運営しております。

とくにヘッドスパは頭皮の環境改善だけではなく

肩こり、眼精疲労にも効果がありますので

ご興味がある方はぜひ一度足を運んでみてくださいね♪

 

次回のワークショップの詳細につきましては、

決定次第メールマガジンで配信しますので、

チェックしてみてくださいね♪

 

皆様のご参加心よりお待ち申し上げております。

 

 

ヨガとピラティスの違い、知っていますか??

2017/06/07カテゴリ:

こんにちは!

 

ワヤンリゾートヨガの寺田です(*‘ω‘ *)

 

突然ですが、皆さんはピラティスをご存知でしょうか。

161007-227_TP_V

「ヨガとピラティスって何が違うの??」

 

と疑問に思われている方も少なくないはず。

 

今回は当スタジオでも人気があるピラティスについて

 

皆さんで学んでいきましょう♪

 

 

◆ピラティスとは

 

ピラティスとはダイエット目的につくられたものではなく、

 

ドイツ人のジョセフ・H・ピラティス氏が、第一次世界大戦で

 

ケガをした兵士のリハビリのために開発された運動です。

 

回数や量ではなく、質を重視します。正しい呼吸で正しく

 

深層筋や肩甲骨周りの筋肉を動かしていきます。

 

質を重視することにより、

 

自分自身の身体に意識を向けて運動することも目的となります。

PAKU6329_TP_V

ピラティスを行う事により、

 

普段生活していくだけでは失われていく筋力の回復

 

ケガの防止やリハビリ、

 

なんと、たるみも防ぎ、

 

美しいプロポーションや姿勢を

 

維持・改善することが出来ます!!

 

◆ヨガとピラティスの違いって??

 

ここまで読んで頂き

 

「あまりヨガと変わらないような…」

 

と思われた方も多いはず。

 

ヨガはインドで発祥しました。

 

現在は、ダイエット、美容、健康維持の目的で

 

大勢の方から注目を浴びています。

 

しかし、ヨガとは

 

もともとインドの思想に根ざした修行法であり

 

思想と瞑想によって悟りを学ぶことを目指しています。

 

一方ピラティスは、リハビリを目的としたトレーニングです。

 

戦時中に発展した解剖学をもとにしています。

 

そして、この2つはトレーニング手法として、以下の特徴があります。

 

  • ヨガは呼吸とストレッチに重点をおき、筋肉を強化する
  • ピラティスは、正しい骨格を意識しながら、体幹の筋肉を整える

 

似ているようで実は目的も、トレーニング法も違うのです!!

 

 

私も体験でピラティスを行ったことがあります。

 

終わった後、とくに背中、背骨、肩回りが

 

とても暖かく、柔らかくなったのを覚えています。

 

 

自分自身のコンディションを整えたい人はヨガを、

 

体調不良や骨盤のゆがみ等を改善したい人はピラティスを

 

行ってみてください♪

 

また、ヨガとピラティス、両方とも

 

継続することが大切です。

 

一回での効果はもちろんありますが、

 

短期間での体質改善は期待できません。

 

ゆっくり、心身を整えていきましょう!

 

もちろん、ワヤンリゾートヨガでも

 

ピラティスを行うレッスンもご用意しております(*’▽’)

 

ぜひ、ご自身のコンディションに合わせて

 

レッスンを受けてみてくださいね。

 

 

スタジオでお待ちしております(*^^*)

ヨガは有酸素運動?無酸素運動?

2017/05/25カテゴリ:

 

みなさんこんにちは! ワヤンリゾ―トヨガの寺田です♪

 

暑い日が続き、体調を崩している方も見受けられますが、

 

皆様体調管理はいかがでしょうか。

 

梅雨も近づき寒暖差が大きくなる時期になりますので、

 

お体に気を付けて毎日元気に過ごしましょう!

 

 

さて、夏に少しずつ近づいています。

 

「そろそろダイエットしようかな…」

 

なんて思っている方も多くいるはず。

161007-188_TP_V (1)

よく「ダイエットするなら有酸素運動が効果的!」

 

と耳にしますが、そもそも有酸素運動とは何か、

 

無酸素運動との違いは??

 

今回は有酸素運動と無酸素運動の違い、

 

ヨガはどちらに分類するのかをお伝えいたします!!

 

◆有酸素運動と無酸素運動の違い

 

有酸素運動とは

 

酸素を使い、筋肉を動かす

 

エネルギーである脂肪を燃焼させることから

 

有酸素運動と言います。

 

主に水泳、ウォーキング、ジョギング

 

が挙げられます。

 

無酸素運動とは

 

短時間に大きな力を発揮する

 

強度の高い運動のことです。

 

筋肉を動かすエネルギーに

 

酸素を使わない事から

 

無酸素運動と呼ばれています。

 

エネルギーに酸素ではなく、

 

糖をエネルギー原としています。

 

主に、短距離走、筋力トレーニング

 

等が挙げられます。

 

2つの運動の違いは、

 

有酸素運動は酸素を使用し長時間かけて

 

継続的に行う運動で、

 

無酸素運動は酸素を使用せずに

 

短時間で強度の高い運動を行う点です。

 

また、有酸素運動では脂肪酸を

 

無酸素運動ではグルコースが

 

主なエネルギー源として利用されます。

 

 

◆ヨガはどちらの効果があるの?

 

ヨガはどちらの効果があるのでしょうか。

 

実は…

 

ヨガにはどちらの効果もあるのです!!

 

ヨガは腹式呼吸で行います。

 

呼吸を大切にし、呼吸と共に身体を動かしますので

 

有酸素運動の効果があります。

 

また、ヨガのポーズで腹筋を意識したものや

 

太ももなどに働きかけるようなポーズもとっていくと

 

無酸素運動の効果も得られます。

 

ですので、

 

「痩せたいけれどあまり動くのは得意ではない…」

 

という方にとてもおススメですよ(*^_^*)

YUUKI150321090I9A4199_TP_V

ワヤンリゾートヨガは岩盤ヨガで

 

身体の内側からしっかり温める事が最大の特長です。

 

大量発汗と同時に

 

脂肪燃焼効果も抜群ですよ♪

 

 

ダイエットを成功したい方、

 

ぜひワヤンリゾートヨガにいらしてください。

 

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 

 

 

お腹周りらくらくダイエット♪

2017/05/10カテゴリ:

みなさんこんにちは!

 

ワヤンリゾートヨガの寺田です♪

 

 

5月になり外も暖かくなってきましたね。

 

時には夏のような暑さになる日まで……

 

そろそろ夏に向けて

 

ダイエットを始める方も多いのではないでしょうか。

 

とくに

 

「お腹周りのポッコリを凹ませたい!!」

 

と思っている方も多いはず。

 

実際、ワヤンリゾートヨガに通っているお客様や

 

体験レッスンを受けられる方のお話を聞いていると

 

「お腹周りをダイエットしたいんです(-_-;)」

「なかなか痩せなくて…」

 

という声が非常に多いです。

YUKA150701598457_TP_V

ワヤンリゾートヨガでは、

 

何度もお伝えしているように

 

岩盤の遠赤外線効果により

 

身体の内側からしっかり温める事ができるので、

 

基礎代謝アップ、脂肪燃焼の

 

効果がとても高いのです!!

 

 

しかし、今回は

 

誰でも自宅で簡単にできる

 

ポッコリお腹解消法を

 

お伝えします♪

 

 

それは、お腹を膨らませたり

 

へこませたりするだけで効果があるのです!!

 

【やり方】

1.お腹を1~2秒かけてゆっくりへこませていきます。

この時腹筋を意識して背中とお腹がくっつくようなイメージで行います。

 

2.最大限へこませたら次はゆっくり膨らませていきます。

この時も力を入れているお腹をただ緩めるのではなく、

腹筋を意識して出来る限りお腹を膨らませていきます。

 

セット数はとくに決まっていません。

 

継続が大切なので、

 

ご自身が出来る範囲の回数を行ってください。

 

まずは、入浴後や食事の前等

 

決めた時間に。

 

慣れて来たら、気分転換の際や

 

仕事を行いながら等

 

色々な場面で取り入れてみましょう。

 

 

この方法、ポッコリお腹を解消するだけではなく

 

お腹を動かすことで腸が刺激され便秘改善に繋がったり、

 

姿勢改善の効果もあるのです!!!

PAK86_peasyorokobu1039-thumb-autox1600-16581

 

効果の出方には個人差がありますが、

 

自分のペースでできる簡単な方法なので

 

皆さんも生活の一部に取り入れてみては

 

いかがでしょうか??

 

 

ワヤンリゾートヨガでは、

 

ダイエットに関する質問や

 

お悩みなど

 

知識と経験豊富なインストラクターが

 

丁寧にアドバイス致します。

 

気になる事がある方は

 

遠慮せずに声をかけてくださいね☆

お問い合わせ、ご予約はこちら
メールでのお問い合わせ・お申し込みはこちら

【営業時間】(月〜木)7:30~22:00(土日祝)9:00~20:30【最終受付時間】(月〜木)21:00迄(土日祝)20:00迄
【定休日】金曜日 ※衛生管理の為、終日清掃

お問い合わせ、ご予約はこちら
  • ヨガ体験レッスン申し込み
  • ヨガレッスン予約

【営業時間】(月〜木)7:30~22:00(土日祝)9:00~20:30【最終受付時間】(月〜木)21:00迄(土日祝)20:00迄
【定休日】金曜日 ※衛生管理の為、終日清掃