東京港区田町・三田・品川、大阪梅田の会員制岩盤ホットヨガ&ピラティススタジオ ワヤンリゾートヨガ

スタッフブログ

STAFF BLOG

じめじめ梅雨負けない!ヨガで梅雨対策!

2019/05/29カテゴリ:

皆さんこんにちは(^^)
Annaです★
もうすぐ6月、梅雨の時期ですね。
皆さん、梅雨の時期は心身のバランスが崩れやすいのは
ご存知でしょうか?
今回はそんな梅雨の時期におすすめのヨガのポーズと
呼吸法をお伝えします!

交感神経を優位に働かせよう!

そもそも交感神経とは?
交感神経副交感神経をあわせて『自律神経』といいます。
自律神経は、循環器、消化器、呼吸器などの活動を
調整するために24時間働き続ける神経です。
体の活動時や昼間に活発になるのは交感神経、
夜、リラックスしているときに活発になるのは副交感神経です。

雨の日は副交感神経(リラックスの神経)が優位になります。
リラックスしやすい代わりに心身共に重くなりがちです。
そんなときは交感神経(活動的な神経)を刺激するヨガのポーズを行い、
自律神経のバランスを整えましょう♪

 

交感神経を優位にするポーズ

ウシュトラーサナ(ラクダのポーズ)

①両膝を腰幅にして膝立ちになります。

②両手を骨盤の後ろに置き指先は下に向ける。

③息を吸いながら肩甲骨を肋骨の後ろ側に押して
胸を天井方向へ持ち上げる。

④余裕があれば頭を後ろに傾け
両手はかかとに移動させる。

後屈のポーズは心肺機能が高まりやすくなるので
呼吸が活発になり交感神経を刺激します。
また胸を開くことでアナハタチャクラが刺激され
気持ちも前向きに活動的になります。

 

ササンガーアーサナ(ウサギのポーズ)をとっている女性シャシャンカーサナ(ウサギのポーズ)

➀正座で座ります。

②おでこを床につけ、両手も頭の横につきます。

③息を吸いながら頭頂を床に付けるように
お尻を持ち上げます。

④余裕があれば両手を組み、
組んだ手を天井方向へ伸ばしましょう。

頭頂にある百会(ひゃくえい)のツボを刺激し
自律神経の調整に効果的なポーズです。
ツボを刺激することで眼精疲労や頭痛の緩和にも期待がもてます。
ウシュトラーサナ(ラクダのポーズ)の後にセットで行うことで
より心身のバランスが整いやすくなります。

 

吐く息よりも『吸う息』を長めにとってみる

吸う息は交感神経(活動的な神経)を優位にさせ、
吐く息は副交感神経(リラックスの神経)を優位にさせます。
つまりどんよりして心身共に重くなりがちな梅雨の時期は
吸う息を長めに取り交感神経を活発にさせましょう!

 

雨が降って気持ちが明るくなる人は少ないかもしれません。
ですが雨は貴重な大地の恵みです。
雨のお陰で私たちは生きることができます。
ネガティブな感情を少しでもポジティブに変えられるよう
お気に入りの傘を差してみませんか♪
6月も皆様にとって、素晴らしい1か月間となりますように。
今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

ナマステ♡

関連画像

 

お問い合わせ、ご予約はこちら
メールでのお問い合わせ・お申し込みはこちら

【営業時間】(月〜木)7:30~22:00(土日祝)9:00~20:30【最終受付時間】(月〜木)21:00迄(土日祝)20:00迄
【定休日】金曜日 ※衛生管理の為、終日清掃

お問い合わせ、ご予約はこちら
  • ヨガ体験レッスン申し込み
  • ヨガレッスン予約

【営業時間】(月〜木)7:30~22:00(土日祝)9:00~20:30【最終受付時間】(月〜木)21:00迄(土日祝)20:00迄
【定休日】金曜日 ※衛生管理の為、終日清掃